朝から腰が痛い!寝起きの腰痛の3大原因はこれ

朝起きたら腰に違和感がと思ったら、

 

e87e9b9

 
イタタタタァァァァ

 

となっているなら、以下の3つを確認して下さい。

・食事、
・寝方
・腰回りの筋肉

このどれかが悪いと考えて下さい。

 

 

食事(内臓の負担を減らす)

 
寝る直前に食事をとってしまうと、
内蔵に負担がかかってしまいます。

 

内蔵に負担がかかると、
血液の循環が悪くなったり、
内臓の周りの筋肉つまり、腰や背中の筋肉が、
緊張してかたくなってしまいます。

 

寝る2~3時間前には食事をすませるようにしましょう。

 

他にも内蔵に負担をかけ無いためには、

・甘いもの、塩辛いもの、脂ものを取りすぎない。

・お腹いっぱい食べない。

・ストレスを多く受けないようにする。
(溜めずに発散する)

・お酒を飲みすぎない。

胃もたれるするような食事を
寝る前は特にしない方が良いということですね。

 
身体を冷やさないというのも大事なポイントです。

 

僕の周りでは、腰痛を突然引き起こす人の多くは、
寒くなる冬に多い です。

 

そして、多くの人がお風呂は浸からずに、
シャワーで済ましていました。

 

冷えると、内臓の働きがどうしても悪くなるので、
なるべく温めるようにしましょう。

 
身体を温める。
寝る2~3時間前には食事をすませる。
暴飲暴食を避け偏った食事にも気をつける。

 

 

寝方(寝返りが出来ていない)

テレビでもよく言われていますが、
腰痛に悩む人は、寝返りの回数が極端に少ないというデータがあります。

NHK番組、「ためしてガッテン」
テレビ朝日『みんなの家庭の医学』

などで、寝返りについて詳しく放送されていました。

 

みんなの家庭の医学では、バスタオルを縦に4つ折りして、
腰に巻いて、ガムテープで解けないようにして、寝るというもの。

 

ゆるすぎると、寝ている間に解けてくるので、
その辺は調節して下さいね。

 
分厚くなりすぎたら、バスタオルを変更したり、
3つ折りにしたりして調節するのが良いと思います。

 
不快なままだと寝づらいですから。

 

寝方ということで、
横向き、仰向け、うつ伏せ

どれが良いのかというと、
これも諸説いろいろありますが、

うつ伏せ以外なら、それほど問題ないそうです。

 

※ちなみに、イビキがうるさい方は、
抱きまくらを使って横向きに寝ると軽減されるそうです。

 

寝具があっていないというケースもあります。

寝具は、柔らかすぎると腰痛が悪化する言われていて、
低反発マットレスではなく、高反発マットレスが良いとされています。

 

⇒高反発マットレスはこちら

 

 

腰回りの筋肉(循環が悪くなっている)

 
朝起きたときというのは、誰しも血液の循環が、
お昼などの活発な時間と比べると、悪いものです。

 

そして、腰痛に悩む人は腰や背中周りの血液の循環が、
普段からあまり良くないので、寝起きはもっと悪いといえます。

なので、腰痛を引き起こすんです。

 

腰回りの筋肉が堅いか柔らかいかチェックするには、

椅子に座った状態で、
身体を捻って90°回らなかったら、要注意!

%e6%a4%85%e5%ad%90%e3%81%ab%e5%ba%a7%e3%81%a3%e3%81%9f%e7%8a%b6%e6%85%8b%e3%81%a7%e8%ba%ab%e4%bd%93%e3%82%92%e6%8d%bb%e3%81%a3%e3%81%a6%ef%bc%990

⇒腰まわり、背中のストレッチはこちら

 

 

応急処置(シップ編)

 
腰痛になったら、応急処置として、
シップを貼りますが、

温湿布が良いのか?冷湿布が良いのか?

と悩んだ経験はありませんか?

どっちも同じと思って使っていると、
良くない結果になってしまうかもしれませんので、

シップについて触れておきます。

 

シンプルに、

・冷湿布は急性の痛みに使用
・温湿布は、慢性的な痛みに使用

 

理由は、急性の痛みは、捻挫やギックリ腰など、
炎症を起こして痛みを引き起こすケースと、
腫れなどから起こる痛みが原因のケースがあります。

 
そういった症状は、冷やした方が良いので、
冷湿布を使うというわけです。

 
 

対して、慢性的な痛みは、
血液の循環が悪化して起こるケースが多いので、
温めて血液の循環を良くしようというわけです。

 

どちらを使えばわからないという時は、
医師の診断を受けてから使うようにして下さい。

痛みを感じる部分が移動しているケースは、
早急に医師に行って見てもらって下さい。

大動脈解離などの重病の可能性もあります。

こちらも人気★

コメント