腰痛改善には、3分ストレッチ!腰が痛くても楽々

腰痛対策

011

梅雨や、台風が多い季節は、大雨が降ることも多くなり、
湿気でジメジメしてくる時期や、季節の変わり目というのは
腰痛に注意ですね(^^)b

自分もそうなのですが、特にデスクワーク中心で、
一日中パソコンに向かって黙々と仕事している方、
腰痛に悩まされていませんか?

・・・もう職業病みたいなものですよねぇ。。

 

腰痛を引き起こす原因とは?

仕事をしている間は、あまり腰に意識がいくことは無いのですが、
長時間パソコンで作業をして、トイレとかで席を立ったその時、

a-e1376219863933

「ピキイィィィィン」

 

ってきて、居室のドアまで腰に手を当てて歩いていく、
という一つのルーティーンが確立されましたwww

 

デスクワークによって腰痛になるのは、
長時間にわたり椅子に座ったままの状態でいることで、
腰回りの筋肉が固まってしまうことが原因である可能性が高いです。

つまり、普段「カラダを動かなさすぎる」というのが、腰痛の原因となるのです。

 

腰痛の改善には3分ストレッチ

仕事をしている約8時間程度の間にも、
何かちょっとしたストレッチを取り入れてみることで、
腰痛の改善が期待できます(^^)

ストレッチのポイントとしては、
やはり【座った状態でも腰を動かすこと】です。

とにかく固まった腰のまわりの筋肉を動かし、
血流を良くすること。

以下の3つの動きで腰のストレッチをするだけで、
だいぶ腰痛が改善されてきます。

033

①. 前後
・息を「フーッ」と吐きながら、おへそを見るようにゆっくりと背中を丸くしていく。
・息を「フーッ」と吐きながら、天井を見るようにゆっくりと背中を反らせていく。

②. 左右
・息を「フーッ」と吐きながら、ゆっくりとカラダを左側に倒す。
・息を「フーッ」と吐きながら、ゆっくりとカラダを右側に倒す。

③. 回転
・息を「フーッ」と吐きながら、自分の後ろ側を見るようにゆっくりとカラダを左側にねじる。
・息を「フーッ」と吐きながら、自分の後ろ側を見るようにゆっくりとカラダを右側にねじる。

そして、できれば上記の動作をする際、
両手を頭の後ろで組んで行うと効果的です。
※より腰に意識が集中されるため。

 

このストレッチは、行う頻度を増やせば増やすほど効果があります。

ポイントは、仕事をしていて、
「あ、腰が固まってきたな」と感じた時に行うことです。
仕事中のストレッチでも、せいぜい1分程度しかかかりませんから支障はないでしょう。

これをめんどくさがって、腰が痛いのにムリして仕事を続行するのは
そっちのほうが、よっぽど能率が悪いでしょうし、
腰痛が原因で仕事を変えざるをえなくなる、、なんてザンネン過ぎます( ノД`)

こういった簡単にできるストレッチを日常のルーティーンにして、
仕事の質を向上させていきましょう★

こちらも人気★

コメント